管理規約の制定

マンションでは、引渡しを受けたと同時に管理組合が成立しますが、管理組合の憲法ともいわれる管理規約を同時に制定するのは非常に困難です。
そこで分譲業者は、マンションの引渡しとともに組合運営がスムーズに移行できるように、管理規約案を用意しておきます。

それでは、実際どのように管理規約が制定されるのか、2つの方式がありますのでみてみましょう。

規約承認販売方式

この方式は、あらかじめ分譲業者が規約案を用意しておき、マンション購入者に提示して承諾を得るやり方です。つまり、区分所有者全員の書面による合意をもって集会の決議に代えます。

区分所有者集会方式

この方式は、マンションの引渡し前に区分所有者の集会を開催し、分譲業者が提示した規約案を審議して決めるやり方です。
『規約承認販売方式』に比べ、最初から区分所有者の意見を取り入れることができるため、その後の管理意識も高くなると思います。