管理業務内容

マンションを適正かつ円滑に管理するためには、様々な管理業務を適切に履行しなければなりません。
しかしながらマンションの管理業務は、専門的知識を要するものが多く、多岐に渡ります。

事務管理業務

『基幹事務』ともいい管理業務の中で最も重要なものです。この業務を適切に処理するには、会計、建物の構造等に関する専門知識が必要です。

1) 出納業務 管理費、修繕積立金、専用使用料等の収納・保管、滞納督促及び運用並びに諸費用の支払など、管理組合の財政を預かる業務です。
2) 会計業務 管理組合の予算案・決算案の作成、管理組合会計の収支状況の作成など、管理組合の財務内容を的確に把握する業務です。
3) 管理運営業務 設備等の保守点検等の外注管理、防火管理、施設運営、各種契約、損害保険契約、大規模修繕計画の立案、総会・理事会の運営、通知事項の伝達、官公庁・分譲業者との折衝など、管理全般の業務です。

管理員業務

日常的に居住者と接する『管理人』といわれる業務で、通勤・住込勤務があります。また、常駐しない『巡回管理員』が、受付業務等を除いた一部の業務を行うケースもあります。

1) 受付業務 居住者や外来者との応対業務です。
2) 点検業務 建物、設備等に異常がないかどうかを定期的に点検する業務です。
3) 立会業務 諸設備の保守点検や共用部分の修繕工事、清掃業務、ゴミ収集等における立会いなど、外注業者等の業務実施状況を監督する業務です。
4) 報告連絡業務 業務日誌の記録、定時報告及び緊急時の連絡など、日々の業務の実施結果を記録、報告する業務です。
5) 管理補助業務 防火管理業務や未収納金督促業務の補助など、事務管理の業務を補助するものです。

緊急対応業務

緊急の問い合わせに対する24時間の電話受付や、要員を出動させ緊急措置を行ったりする業務です。

設備管理業務

法定点検のほかに、有資格者や専門の技術スタッフが、建物全体、給水設備、電気設備、エレベーター保守、貯水槽清掃、消防設備などの定期点検および整備・調整等を行う業務です。

清掃業務

清掃方法及び回数を定めた仕様書に基づいて実施されます。

1) 日常清掃 掃き掃除や拭き掃除、ゴミ処理など、日常的な清掃業務です。
2) 定期清掃 日常清掃では取れないシミや汚れを特殊洗剤などを使用するなど、専門的に行う清掃業務です。