アフターサービス

ほとんどのマンションは、入居した後で気づいた不具合を無償で補修してもらえる『アフターサービス』が付いています。別項で述べる『瑕疵担保責任』と混同しがちですが別なものです。
アフターサービスは瑕疵担保責任と違い、法律で義務付けられたものではなく、あくまでも売主(デベロッパー)が売買契約に基づき自主的に行う消費者サービスとなります。
但し、何から何までアフターサービスで対応してくれるわけではありません。現実的には、「アフターサービス規準外です」と断られてしまうケースが多くあります。アフターサービス基準書をしっかりとチェックしておきましょう。

アフターサービス基準

大手デベロッパーなどが加盟する「社団法人不動産協会」では、統一のアフターサービス基準を用意しており、加盟する企業はこの基準に基づいています。
一番重要な「構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分」については、竣工後10年間保障されています。
なお、経年変化や使用上のミス、天災地変(地震・火災・風・水・雪害)の不可抗力による場合などが原因の不具合には適用されません。

定期点検

引渡し後約3ヶ月もしくは約6ヶ月、約1年、約2年後に定期点検を実施して、入居後の不具合箇所について補修工事等が行なわれます。詳細は、各デベロッパーごとに設定しています。