法定点検と定期保守点検

マンションには、多くの人が快適に暮らすためにいろいろな設備があります。安心して暮らすには、事故が起こらないように日常からきちんと点検をおこなう必要があります。

建築基準法でエレベーターや換気設備などを点検し、報告することが義務づけられており、消防設備(消防法)、給水設備(水道法)、電気工作物(電気事業法)などについても点検・報告の義務があります。これら行政の取り決めに従って行なう点検を『法定点検』といいます。
一方、法的には点検が義務づけられていなくても、設備が順調に作動するように、設備業者などに委託して自主的に行なうのが『定期保守点検』です。

法定点検

法定点検は、建築基準法や消防法、水道法、電気事業法などのそれぞれの法律によって定期的な検査が決められているものなので、検査を省いたり回数を減らしたりすることはできません。
検査をする人は有資格者に限られ、市区町村や消防署などの各機関に検査結果を報告することになっています。

1) 建築基準法 →エレベーター保守点検(年1回)
→建築設備点検(年1回)
→特殊建築物定期検査(3年に1回)
2) 水道法 →専用水道定期水質検査(水質検査:月1回、消毒検査:日1回)
→簡易専用水道管理状況検査(年1回)
3) 浄化槽法 →浄化槽の保守点検(半年1回)、清掃(半年1回or年1回)、定期検査(年1回)
4) 消防法 →消防設備点検(総合点検:年1回、機器点検:半年1回)
5) 電気事業法 →自家用電気工作物定期点検(日常巡視点検:月1回、定期点検:年1回、精密点検:3年に1回)

定期保守点検

定期保守点検は、マンションに付帯する設備や施設を少しでも長く、しかも安全に保てるように任意点検し、維持管理に努めます。
点検する箇所はマンションによって異なりますが、主に給水設備、浄化処理装置、エレベーター、機械式駐車場、消防設備等、共用設備などの保守点検を定期的に行います。また、点検実績の履歴を残すことも、今後の点検サイクルを見直す上で大切です。