外部専門家の協力方式

大規模修繕工事を実行するのは、一大プロジェクトとなります。マンションの修繕工事項目は実に多様で、多岐に渡る工事項目すべてに目配りできる知識、経験が求められます。管理組合が主体となって推進すべきですが、管理組合員だけですべての業務を処理することは、時間的にも知識的にも無理があります。
このため、外部の専門家(パートナー)を活用するのが一般的です。代表的な方式として3つありますが、あくまでも管理組合を補完するパートナーであって、丸投げするのはリスクがともないます。

管理業者主導方式

管理業者が主導して行う方式です。大規模修繕工事の準備段階から工事施工に至るまで、すべてに管理業者が主導的な役割を果たします。
管理組合が積極的でない場合、日常的に管理していて、すべてをわかっている管理業者が進めてくれるので、安心して任すことができます。
その反面、管理業者に丸投げとなるため、適正な価格より高くなることが多く見受けられます。

責任施工方式

企画・設計から施工まで一括して業者に発注する方式です。最初から1社に絞るケースと、何社かの入札(見積書の提出)によって業者を決定するケースがあります。
何れにしろ、専門的な第三者による点検がないため、結果的に割高となったり、安易な工事に終わるリスクがあります。

設計監理方式

設計事務所などのマンションに精通している建築士をコンサルタントとして選び、本工事に係わる専門的、実務的な部分を委任し、工事の段階では工事監理を委託する方式です。
設計と施工を分離しているため、施工会社の選定を同一基準で適正に行うことができ、工事の施工の厳正な点検も期待できるものです。管理組合にとっては安心して進められるものと考えられますが、すべてをお任せ状態にするのは他の方式と同様、リスクがあります。