自家用電気工作物定期点検

『電気工作物』とは発電、変電、送電若しくは配電又は電気の使用のために設置する機械のことをいいます。
一般家庭で使用される屋内配電設備等は『一般用電気工作物』となり、マンションの各住戸もこれにあたります。それに対し、マンションの共用設備(給水設備、排水処理設備等)で使用される電気設備のうち、高圧(600V以上)の受電の設備と10kW以上のものは、電気事業法により『自家用電気工作物』に分類されます。

何が違うのかというと、『一般用電気工作物』は電力会社が保安業務を担いますが、『自家用電気工作物』は自主保安が義務付けられています。
この場合マンション管理組合は、電気主任技術者を選任し、電気設備の予防保全を行うため点検計画などを定めた保安規程を作成し、経済産業省に提出しなければなりません。さらに毎年1回、設備を停電して精密検査・測定、また毎月1回外観点検などを実施し、報告することになります。
但し、有資格者の居るマンションはまれでしょうから、実際には保安管理業務を委託することになります(作成・届出から点検・報告まで)。

点検

保安規定では設備の工事、維持、運用に関する保安のために、巡視、点検、手入れをすることが義務付けられています。
点検は日常巡視点検、定期点検、精密点検の3つに分けられます。

1) 日常巡視点検(毎月1回) 機器を運転状態にしたまま、損傷、変形、加熱による変色などの異常の発見につとめます。
2) 定期点検(毎年1回) 全設備を停電させて、機器の清掃、締めつけ点検、各機器の絶縁抵抗測定や保護装置の作動試験などを行い、技術基準に適合しているか確認します。
3) 精密点検(3年に1回) 全設備を停電させて、各機器の特性試験、自家用発電設備ある発電機やエンジンの分解点検、変圧器などの絶縁油の劣化測定を行います。