建築設備点検

マンション・事務所・店舗などの一定の規模以上の建築物は、建物利用者の人命と財産を守る為、原則として年1回の建築設備定期点検が定められています(建築基準法) 。
検査内容は、換気設備・排煙設備・非常用照明装置・給排水設備となり、国土交通大臣認定の建築設備検査資格者や一級及び二級建築士が検査を行います。また点検結果を監督官庁に報告する義務があります。

ガス湯沸器による一酸化炭素ガス中毒による死亡事故が大きく報道されるなど、人命にかかわる重要な検査です。

換気設備

ガス器具の燃焼のためには酸素が必要ですが、給気口がふさがれていたり、換気扇の油汚れなどにより換気量が不足してくると、ガス器具が不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生します。この一酸化炭素は、人体にとって非常に有害であり、中毒により死亡する場合もあります。
このような危険から生命を守り、室内の環境を常に快適に保つ為に換気設備が必要となります。

<定期点検の内容>

換気扇やレンジフードなどが正しく働いているか、換気扇の風量を測定したり、運転状態に異常はないか等を検査します。

排煙設備

火災時に発生する有毒な煙や熱を排出して、避難経路を確保し、尊い生命を守るのが排煙設備です。
手動開放装置を操作することにより排煙口が開き、自動的に排煙機が廻り煙や熱を外に出す機械排煙設備と、手動開放装置を操作することにより排煙窓が開き煙や熱を外に出す自然排煙設備があります。

<定期点検の内容>

機械排煙設備では、防煙区画、排煙口の開閉、手動開放装置、排煙機の運転状況、及び規定の排煙風量が確保されているか検査し、自然排煙設備では、防煙区画、排煙窓、手動開放装置を検査します。

非常照明設備

火災や地震などで停電した場合、暗闇の中での避難は、思わぬ怪我をしたり、出口がわからずパニック状態となり、煙にまかれて死亡する事故が発生しています。
非常用の照明装置が点灯していると必要な明るさが確保され、安心して非難ができます。

<定期点検の内容>

規定の明るさがあるか、照度計で照度を測定したり、非常用電源などの性能や外観を検査します。

給排水設備(東京都のみ)

日常生活で欠かせない空気と水、この水の供給と排水を確保しているのが給排水設備です。
一般に公共水道を受水槽に受け、高置水槽や加圧ポンプから配管を通って各家庭に供給されます。

<定期点検の内容>

給排水設備が正常に働き、不衛生な飲料水を供給しないよう、給水設備機器、排水設備機器、配管などの状況を検査したり、水質に関しては、測定器を用い残留塩素濃度などを測定します。