マンションの定義

『マンション』って聞くと、皆さんは鉄筋コンクリート造の比較的大規模な集合住宅をイメージすると思います。
マンションは本来『Mansion=大邸宅』という意味なので、私たちがイメージとは少し意味合いが違っています。ただ『中高層共同住宅』や『区分所有建物』では浸透しずらいと考え、馴染みのある『マンション』という名称が法律用語としてもそのまま採用されたようです。

それでは、法律でどのように『マンション』が定義されているかみてみましょう。

区分所有法での定義は?

『一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる』

建物が各住戸(部屋)に分かれている構造になっていて、各部屋をそれぞれの人が所有できるということです(=区分所有)。
また、住居に限らず、店舗や事務所・倉庫など用途制限がないことを示しています。これは、元々が区分所有建物に関する法律なので、マンションのことだけを規定せず事務所ビルや倉庫にもあてはまるからです。

マンション管理適正化法での定義は?

1) 二以上の区分所有者が存する建物で人の居住の用に供する専有部分のあるもの並びにその敷地及び附属施設

マンションは本来『Mansion=大邸宅』という意味なので、私たちがイメージとは少し意味合いが違っています。ただ『中高層共同住宅』や『区分所有建物』では浸透しずらいと考え、馴染みのある『マンション』という名称が法律用語としてもそのまま採用されたようです。

2) 一団地内の土地又は附属施設が当該団地内にある1)に掲げる建物を含む数棟の建物の所有者の共有に属する場合における当該土地及び附属施設

これは団地の定義です。1区画に複数の棟(建物)があって、敷地や付属施設を共有していることをいっています。

まとめると

マンションって鉄筋コンクリート造とか、3階以上の中高層とかの建物構造上の制限はなかったのです。
そうすると、木造2階建てのアパートもオーナー(区分所有者)が複数居ればマンションとなりますし、複数オーナーが居るビルの場合も、居住用の部屋が1つでもあればマンションということになるんです(あくまでもマンション管理適正化法的にはということですが・・・)。

逆に、鉄筋コンクリート10階建のワンルームマンションも、オーナーが1人の場合、法的にはマンションとは言えないのです。ただ周囲はマンションだと思っているでしょうし、マンションという名称を使ってもなんら問題はありません。適正化法の拘束を受けないというだけです。