水漏れトラブル

集合住宅であるマンションは、上階で水漏れが発生すると、階下の住宅に水が漏れて天井や壁のクロスだけでなく、畳、カーペット、家具等にまで被害が及ぼすことがあります。修理が完了するまでの間、水を使用できないなど日常生活にも支障をきたしてしまいます。
もしも上階で何らかの水漏れがあった場合、上階の住民に対して、損傷してしまった天井や壁紙の交換費用の負担を頼むことになります。しかし問題となるのが、どこの何が原因なのかが想定できないケースです。
原因を特定する調査にも費用が掛かります。もし、上階の住人に心当たりが無いとすると、その費用をどこが負担するのかという問題が発生し、その対応が遅れることで、問題がこじれてしまうことがあります。まずは、関係者による早急な話し合いを持ちましょう。

原因の特定

不幸にして漏水をさせてしまった、あるいは被害を受けてしまった場合は、当然ながら原因個所を突き止めて水漏れをストップさせることが第一の仕事となります。
マンションの水漏れの原因としては概ね、以下のケースが考えられます。

1) 上階の方の過失(洗濯機の排水ホースはずれ、トイレのつまり)
2) 結露や雨水の浸入(結露による排気ダクトや通気管からの漏水)
3) 給排水管の老朽化(腐食、ピンホール)

責任の所在

上階の方の過失の場合、その責任の所在は明確です。ところが、この漏水個所が床下の給排水管であるとすると、責任の所在が難しくなります。
原則では、上階の住戸の専有部分の給排水管であれば上階の住人に対し、共有部分の給排水管であれば、管理組合に対して、請求を行うことになります。但し、専有部分とされる『枝管』からの漏水であっても、コンクリートスラブの下にある場合、専用部分からの点検・修理を行うことは不可能です。そのような場合、共用部分であるとした判例などもあり、複雑です。

給水管の老朽化

築年数の古いマンションでは、給水管に亜鉛メッキ鋼管などが使用されていることが多くあります。これは、現在主流になっている塩ビ管よりも耐久性が低く、全面腐食しやすいのです。
また、いざ修理となっても配管がコンクリートに埋め込まれていたり、階下の天井裏をはわせる床下配管としているケースもあって、多大な費用が掛かり工事も困難を極めてしまいます。

損害保険の利用

このような水漏れトラブルが起きた場合の防衛策となるのが保険です。保険には、管理組合で加入するものと、個人で加入するものがあります。保険には、管理組合で加入するものと、個人で加入するものがあります。
組合加入の『マンション総合保険(賠償責任保険)』には、水漏れの際の調査費用や賠償費用が組み込まれているか、オプションで付保することができるようになっています。
個人では、日常生活の中で他人(いわゆる第三者)に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまったりして法律上の損害賠償義務を負った時のための『個人賠償責任保険』があります。単独で加入する方法以外にも、他の火災保険などの特約でつける方法などがあります。