ペット飼育の主なトラブル

マンションのトラブルで騒音問題に次いで多いのが、ペットのトラブルです。これまで、マンションという共同住宅でのペット飼育は問題点が多く、禁止にしているマンションがほとんどでした。このため、身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)以外は、かごや水槽で飼育できる小鳥・観賞魚に限られていたのです。
しかし近年の少子・高齢化によるペットブームもあり、マンションライフにも多様性が求められ、ペット共生マンション(ドッグランや足洗い場等の設備付き)なども増え、マンションでの飼育がタブーではなくなりました。新築マンションは、販売を促進するため、小型の犬・猫は可とする管理規約が基本となっています。
このような状況の中、既存のマンションでは、飼育ルールの不整備やマナー違反、ペット禁止マンションでの飼育など、さまざまなトラブルが発生しています。ペットは家族の一員と捉えるなど、人間の感情的側面が介在してしまい、解決が難しくなります。

ペット飼育の問題点

1) 鳴き声・騒音 犬・鳥・発情期の猫などの鳴き声、フローリング床を走り回る音
2) 臭気 共用部分やベランダなどでの糞尿の臭気
3) 共用部分の汚れや損傷 糞尿、散歩後の泥、ブラッシングによる毛の飛散、尿による腐食
4) 病気の感染 ペットに寄生する害虫や病気の感染等
5) 咬む事故 犬・猫などに咬まれる可能性
6) 動物嫌悪者の存在 幼児体験等による動物嫌い・恐怖症、アレルギー体質

ペット飼育禁止マンションでの隠れ飼育問題

専有部分でのペット飼育は、本来は自由であると思いがちですが、マンションの構造等からみてペットのトラブルが発生しやすく、他居住者の快適な生活の障害となるおそれがある以上、規約が禁止であれば従わなければなりません。
もし、違反してペットを飼育した場合、義務違反者としての措置や飼育に起因する被害の責任を負うことになります。
ところが、禁止規定を無視して飼育してしまうケースが多く、また、それをみた他の居住者も飼育し始め、黙認状況となってしまうのです。このような場合、新たな入居者からの指摘がきっかけとなり、大問題に発展してしまう場合があります。

このような問題に対し、画期的な解決策はありません。ペット飼育を解禁とすれば、反対者にとって不利益となります。また、禁止を再度徹底するとしても、現在飼育しているペットをどうするかとなります。期間を設けて処分を促すか、そのペットのみ1代限り認めるか、その住戸のみを例外とするかなど選択肢はありますが、決して公平ではありません。
このようにならないためにも、問題が発覚した時点で、早期に解決していくしかないのです。

ペット飼育のマナー違反問題

ペットの飼育が禁止されていないからといって、好き勝手な飼い方をしてよいわけではありません。マンションは共同住宅なのです。共用部分を汚さない、騒音、臭いに気をつけるなど、他の居住者に対して不愉快な思いをさせないように努力する必要があります。共同の利益に反する行為は、義務違反者として必要な措置をとることができるのです。

こうしたトラブルが起きないように、ペット飼育については使用細則において詳細なルールを作成するのと、ペット飼育者で『ペットクラブ』を創設し、マナー遵守やトラブルの仲裁をするなど、積極的な活動をすることで、非ペット飼育者との関係を良好にするなどが大切です。

曖昧なペット飼育ルールの問題

ペット飼育のルールが曖昧なため、トラブルになるケースも多くあります。
例えば、「他の居住者に危害・鳴き声・悪臭等の影響を及ぼす恐れのある動物の飼育禁止」などと定めている場合、迷惑は人によって感じ方が違うため、何をどの程度という判断がつきません。
例えば、飼育可能なペットの大きさを規定している場合、飼育初期には規定以内でも、成長するにつれ規定を超えてしまうことがあります。
例えば、頭数制限をしている場合、子供が産まれ規定頭数を超えてしまうことがあります。

このように、一見、規約で定められているようでも、実は曖昧なルールが多くあります。後々のトラブルのもとになりますので、出来るだけ明文化するようにしましょう。また、ルール違反者へのペナルティーを定めておくと、より厳格な運用が期待できます。

ペット飼育禁止なのにペット連れで入居する問題

ペット禁止のマンションであるにも関わらず、新たな区分所有者がペットを連れて入居するというケースです。
管理組合が問いただすと、販売業者から説明がなかったとか、迷惑を掛けなければ大丈夫でしょうと言われたとか、他の居住者も飼育しているみたいなので大丈夫と判断したなど、さまざまな言い訳をします。
通常、ペットを飼っていて中古マンションを購入する場合は、管理規約や使用細則は確認するはずですが、つい販売業者の甘言を信じてしまうようです。もし、販売業者が嘘をついて購入した場合は、重要事項の説明を果たしていないことになり、訴えることができます。

このような問題を引き起こさないためにも、ペット禁止のルールを日頃から徹底するという努力が必要です。中には、マンションのエントランスに、交通標識の駐車禁止マークをアレンジして、犬・猫のイラストを入れたステッカーを貼るなどして、入居者および入居予定者に明示しているところもあります。