シックハウス症候群

新築やリフォーム後の住居で、倦怠感、めまい、吐き気、頭痛、眼・鼻・のどの痛みなどの症状があらわれることがあります。これは、建材や家具に使用される防腐剤、接着剤、塗料等に含まれている「揮発性有機化合物(VOC)」が原因で室内空気汚染により起こる病気のことです。マンションの場合は特に気密性が高いため、換気不足によってこのような「シックハウス症候群」の影響を受けやすくなっています。
患者数が増加など社会問題化したこともあり、各省庁からシックハウス対応策が打ち出されました。

国交省による建築基準法上の規制

2003年に建築基準法が改正されました。原因物質とされるシロアリ防除剤の「クロルピリホス」に関しては使用を禁止し、接着剤の「ホルムアルデヒド」に関しては、換気設備の能力に応じて使用できる建築材料を制限しています。

厚労省による室内濃度指針値

シックハウスは未解明の部分が多く、いろいろな複合要因があると考えられていますが、原因とされる13種の化学物質について、『室内濃度指針値』を発表しました。
室内濃度指針値とは、人がその濃度の空気を一生涯にわたって摂取しても、健康への有害な影響を受けないであろうと判断された値のことです。

経済産業省による建築用接着剤のJIS改訂

建築基準法の改正を受け、建築材料、塗料、接着剤、断熱材などの45の建材のJISが制定・改正されました。これらは「ホルムアルデヒド」についての規制で、放散速度に応じて等級分けされ、パッケージや容器に等級表示がされます。