最低限必要な管理業務を委託

大抵の場合、分譲時ママの管理委託契約は高めです。長期的視点でみると、日常の管理費を抑え、将来の修繕費用に備えることが安心で安全なマンション生活の基本です。

贅沢していたらキリがない!管理業務に優先順位を付けよう

マンションの管理業務には、必ず発生する費用(光熱費・法定点検)、やらなければいけないけど自分たちでも出来る業務(組合運営・出納・会計・清掃・植栽・点検)、やらなくても済む業務(受付・緊急対応)などがあります。

贅沢していたらキリがない!管理業務に優先順位を付けよう

分譲時のまま踏襲するのでなく、現状の管理業務を見直してみましょう。見直した結果、現状の管理に無駄がなく納得がいくものであれば、それに越したことはありません。しかも、管理について理解を深めることができますので、まるっきり無駄な行為になることはありません。

管理業務の見直しは予算策定から始めよう

マンション管理業務は、年度予算(事業計画)に沿って実行されます。予算策定は、管理会社に任せきりで、そのまま総会に提案するケースがほとんどだと思います。予算承認を得てない費用は、理事会で独自判断することはしにくいため、管理会社は予算編成で可能性のある費用項目はすべて含め、予算をオーバーしないように高めの設定をしてきます。まだまだ実用に耐えられる設備でも、長期修繕計画で見直す時期となっていますなどと理由づけしてくるのです。

管理業務の見直しは予算策定から始めよう

予算承認されたとからいって実際に執行するかどうかは、状況をしっかりとみて判断すればよいのですが、理事会メンバーの意識があまり高くないと、計画通りに執行していくということも考えられます。しかも予算をオーバーしていないからといって、相見積りも取らず、管理会社の提案をそのまま受け入れるなんてこともあり得ます。こういうケースを避けるためにも、予算策定時がポイントです。

ただし自分たちが大変になっては意味がない

マンションの管理を外部に委託せず、自主管理するという方法があります。但し、何でも自分たちでやってしまい、快適なマンション生活が犠牲になるのも本末転倒のような気がします。

ただし自分たちが大変になっては意味がない

マンション管理業務の作業部分は、外部委託で作業負荷を軽減し、組合運営・長期修繕計画・専門業者への委託管理などのブレーン的な業務を担うことが、理想の管理体制といえます。そのサポートしてマンション管理士や1級建築士などの専門家を使うことも有効でしょう。