マンション管理見直しのススメ

将来的に嵩んでくる修繕費用に備えるために、日常の管理費を削減しましょう。そのためには、現在の管理業務を一度見直ししてみることです。まずは、様々な管理業務の費用明細を明確にし、個々の業務についてサービスに見合っているかコストパフォーマンスを見てみましょう。その中で、費用に見合う効果が発揮されていない業務について、重点的に見直しを図っていきます。

見直し方法としては、単純に止めてしまう、回数を減らす、自分たちでやる、委託先や方法を変更するなどが考えられます。

委託費用を見直そう

管理費は分譲当初に親会社のデベロッパーが決めています。管理費用の設定に競争原理が働いていません。本当にサービスに見合っているか、費用の見直しを図りましょう。

委託会社を見直そう

管理会社は、各種保守業務を専門会社に再委託しています。そこに中間マージンという無駄な費用が発生しています。丸投げを止めることで、費用の見直しを図りましょう。

委託契約を見直そう

管理会社によっては、管理業をサービス業と捉えず、要望やクレームに真摯に応えてくれないなど、何の企業努力もしない会社があります。管理会社の見直しを図りましょう。

委託業務内容(過剰管理)を見直そう

サービスは良いに越したことはありません。でも、すべてのサービスに費用が発生しています。本当にこのサービスは必要かどうか、委託業務の見直しを図りましょう。