従来のマンション管理との比較

スマ管は管理組合が自主的に管理することを全面的にサポートしていきます。スマ管は管理組合が自主的管理をするための情報が豊富です。

本当に必要な管理業務だけを委託

マンションを自主的に管理するということは、決められた管理業務をそのまま継続するのではなく、本当に必要と思われる業務を自らが選択することです。限りある予算を有効に活用するのは当り前のことです。

本当に必要な管理業務だけを委託

委託管理業務の見直しだけでなく、委託方法を変えることでより一層のコスト削減が可能となります。

委託方法を変えることで間接費用をカット

各種保守・メンテナンス業務を、専門業者と管理組合で直接契約することで、これまで管理会社に払っていたマージン費用を抑えることができます。

委託方法を変えることで間接費用をカット

専門業者と直接契約することで、管理会社に業務監理をきちんとやってもらえないのではと不安に感じる人もいるかもしれませんが、業者選定の補助や業務監理については、管理運営(修繕計画・理事会サポート)補助業務に含まれているので、問題はありません。

修繕積立金を増やし将来の備えを強化

これまでのマンション管理は、日常の管理内容を一切変えずに、同額の管理費を支払ってきました。そして不足する将来の修繕費用については、修繕積立金を値上げすることで捻出してきたのです。

修繕積立金を増やし将来の備えを強化

修繕積立金の値上げに、すべての区分所有者が応じられるとは限りません。スマ管では、日常の管理費を削減した分を、将来の修繕積立金に充当することを推奨しています。安心・安全のマンション生活を維持するために。