自主的なマンション管理を支援

管理組合が実際の管理作業を行う「自主管理」でなく、管理を主導的にコントロールする「自主的管理」を提唱しています。

管理会社主導から管理組合主導へ

普通、区分所有者(マンションオーナー)は、毎月高額な管理費を支払っているのですから、管理会社がすべて責任を持って管理してくれるはずだと思っています。決して間違いではないのですが、ただ管理会社はあくまで契約書で取り交わした業務のみしか行いません。ここに大きな勘違いがあるのです。
つまり管理会社は契約範囲の管理について責任を持っているだけなので、修繕費用が嵩み積立金が高額になろうがお構いなしです。むしろ高額な積み立てができる管理組合は、それだけ予算を持っているということで、良いお客さまといえます。

管理会社主導から管理組合主導へ

将来にわたって安心で快適なマンション生活を送るには、老朽化する建物・設備に対する保守・メンテナンス費用をきちんと積み立てなければなりません。そのためには、管理組合が費用を含めた管理業務全体を主導(コントロール)することが一番重要だとスマ管は考えています。

フルパッケージからスケルトンサービスへ

分譲マンションを購入する際、既に管理形態や管理委託内容(費用)は決まっています。ほとんど場合、見直しをすることなく管理契約を毎年更新しているのではないでしょうか。管理委託は、管理会社の売り上げ確保も重要なファクターになっています。
素人の集まりである管理組合にとって、マンション管理に必要なサービスがあらかじめ決まっているのは便利でありがたいことですが、そのため、マンション管理に対する興味関心を抱く機会を失っているともいえます。

フルパッケージからスケルトンサービスへ

マンション管理委託費には様々な業務が含まれておりますが、普段はあまり詳細な内訳までは見ていないと思います。場合によっては、内訳を明示していない管理会社があるかもしれません。マンション管理の委託内容を見直すには、管理項目ごとの費用が明示されていることが基本です。

一括契約から個別契約へ

ほとんどの場合、管理業務のすべてを管理会社へ一括で委託契約しています(全部委託)。但し管理会社内ですべての業務を実行することはありません。各種保守・メンテナンス業務などは専門業者に再委託しています。
そのため専門業者の原価にマージンが加わって請求されているのです。管理会社への一括契約をやめ、保守・メンテナンス専門業者と直接契約するだけで費用を抑えることができるのです。

一括契約から個別契約へ

一本化されないため、各社と連絡を取らなくてはならず、煩雑になることが挙げられます。それでも直接コントロールすることによるコスト抑制、ノウハウの蓄積などメリットは大きいとスマ管は考えます。